二の腕ダイエット

短期間ダイエットで二の腕を細くするには?

二の腕,ダイエット,簡単,たるみ,解消

 

短期間で二の腕ダイエット

 

夏になると露出が高くなるため気になる二の腕
秋から春にかけては長袖で過ごすため、つい気が緩んでケアを怠ってしまいがちです。

 

 

 

しかし、実は二の腕をはじめとしたダイエットには冬が肝心なのです。
冬は寒さから身を守るため、身体に脂肪が付きやすい時期といわれています。

 

 

 

この時期に油断してしまうと、夏が近くなってから一生懸命頑張ってもなかなか脂肪は簡単には
落ちません。そこで、短期間ダイエットで二の腕を細くするためには、冬場からきちんとケアを行なう
ことが必要です。その上で短期間で二の腕を細くする事のできる効果的なダイエットを紹介します。

 

二の腕の運動

 

まずは二の腕ねじり運動です。
足を軽く開いて立ち、背筋はまっすぐに、視線は遠くを見るようにします。
その状態で両腕を、掌を上にした状態で広げます。

 

 

 

鼻で大きく息を吸い込みながら掌を外側にねじり、
口で息を吐き出しながら最初の状態に戻します。
運動が苦手な人でも数分でできる運動なので続けやすく、効果も期待出来ます。

 

 

 

次に、二の腕を引き締める運動です。
肩甲骨周辺の筋肉も動かすので、二の腕ダイエットだけでなく、
肩こりなどにも効果があります。

 

二の腕,ダイエット,簡単,たるみ,解消

 

脚を肩幅に開いて立ち、両腕を耳のすぐ後ろのライン沿いに上げたら、頭の真上で1回、下に下ろして
1回掌をあわせます。それが済んだら、両腕を掌を上に向けた状態でできるだけ高い位置で交差させます。
手を上下に入れ替えて10回交差させます。

 

 

 

立たなければ効果はありませんが、
テレビを見ながらでもできる運動なので毎日続けることができる運動です。

 

 

 

二の腕を引き締めるだけでなく、バストアップ効果も期待できる運動もあります。
うつ伏せになり、脇を締め肘尾が曲がった状態で肩幅に手を床につけます。

 

 

 

そのまま腕の力だけで上半身を起こせる所まで起こし、元に戻す運動を20回続けます。
通常の腕立て伏せとは若干違うので、腕立て伏せは苦手という人でもできる運動です。

 

二の腕の筋トレ

 

もっと短期間で結果がほしいという人にお勧めなのが、二の腕の筋トレです。
50センチほどの高さの台に後ろ向きになって両手を付き、腰やお尻をできるだけ床に近づけます。

 

 

 

その状態から、二の腕の筋肉だけで身体を持ち上げるようにして、元に戻します。
この動きを数回繰り返します。

 

 

 

筋肉トレーニングのため最初は辛いと感じることがあります。
辛いときには回数を減らすなど工夫をして、継続して行ってみてください。

 

 

 

早ければ1週間で効果の出る方法です。
自分に合った方法で効果的に二の腕ダイエットを行いましょう。

 

 

 

>>>部分痩せダイエットを成功させるためのポイント